Company PR about NEWPRODO
TOP   COMPANY CONCEPT  DEVELOPMENT HISTORY PRODUCTS RECRUIT
トップページ 会社概要 概念 新事業 沿革 主要製品 採用情報

お問い合わせはこちらまで

                   PCM(Progress Composite Material)は、ニュープロド社の高耐性プラスチック材料の総称です



● PCMとは

PCM材料には、弊社独自で開発した高機能性樹脂PRODOXYシリーズ特殊表面処理剤が使用されています。

高腐食性物資の高温・高濃度・長期暴露に対し、従来のFRP等に使用される熱硬化性樹脂に無い高い耐性を持ちます。

PCMは現在、一部プラントにてチタン、ハステロイ、タンタル、ニオブ、ジルコニウム、フッ素樹脂等の代替材料としても展開されております。



● PCMの用途

 高強度・高温域材料 (航空機器、羽根、高強度板材等)

◆ GL補修

◆ 高耐蝕機器(溶剤タンク、配管、機器、反応槽、煙突等)

◆ 超低温機器(LNG、超伝導機器)

◆ 超高電圧機器(変圧器、ガラス、基板)


● プロドキシ応用製品

◎ 超耐熱耐食性樹脂(プロドキシ) H-261系、H-961系樹脂

95%硫酸  王水

塩酸+DMF+THF 廃液  塩素+フッ酸の混合ガス

これらのような条件への驚異的耐食性能があります!

上記のような条件は、従来のビニルエステル樹脂では過去の実績では不可能でした。

テフロン(PTFE : PFA)でも酸溶剤混合液では膨潤してしまい、使用時間制限が短かったのですが

PCM (プロドキシ複合材料)は、その条件にてテフロンの10%の高温域をも凌いでおります。

《 応用例 》

GL釜 : 補修(タンタルの代替)  反応釜 : 蒸気パイプ熱交換器使用

セラミック接着剤 :超高温域反応炉にて使用(イメージとしては、スペースシャトルの逆バージョン)

導電性プラスチック : 電極板、静電防止材、電解極板

アジア最大の商談展『INCHEM TOKYO2015』では、GL補修のサンプルをメインに出展、ご案内させていただきました。



 ● PCM材料の代表的物性(ガラスクロス及びカーボンの場合)

耐熱温度はポリイミド樹脂並み、耐食性は一部高温域酸性溶剤にはテフロン以上!

耐酸化性はヘット酸以上、耐アルカリ性はビスフェノール程度

特殊設計にて500℃、タイル目地材として800℃の腐食ガス雰囲気で可能

 ≪ 特 徴 ≫

◆ 耐熱温度 : 180℃〜320℃ 高温域に使用の場合はカーボン入り(H-251、351、261、250、260、350系)

◆ 引っ張り強度 : 40〜50kg f/mm2 

◆ 曲げ強度 : 45〜60kg f/mm2

◆ 弾性率 : 2,000〜4,000kgf/mm2                

◆ 熱変形温度 : 230℃〜280℃ (H-251系)

◆ 耐食性

シロキサン+95%塩酸+アセトン100%混合ガス沸点以上 (140℃)  ⇒ 8年間異常無し

92%濃硫酸6,000時間(常温表面炭化有り)、60℃ ⇒ 6ヶ月間異常無し

テトラヒドロフラン (25℃) ⇒ 2年間異常無し 

塩酸+溶剤(メタノール、アセトン120℃加圧条件) ⇒ 5年間異常無し

硝フッ酸(60℃) 王水(60℃) ⇒ 使用可

100%クロロホルム(25℃) ⇒ H2619系

ビス系ビニルエステル程度の耐アルカリ性保持!

テフロン・グラスライニングの代替として注目!

従来のFRPでは不可能な条件をクリアします!!


● PCMフレークライニング

 装置産業では、耐食性として酸・アルカリ・酸化剤・有機溶剤への耐食性があり、且つ高温域で使用できる材料が要望されます。

 PCM(プログレス・コンポジット・マテリアルの略)は、高温、高濃度、長期暴露に対して従来のFRPには無い,高特性を備えており、装置の仕様条件によっては、チタン(Ti)、タンタル(Ta)、テフロン、ハステロイ、グラスライニングの代わりとしても一部ご利用頂いております。

 『プロドキシHシリーズ』樹脂は、これらの要望に応じられる性能を十分兼ね備えたものといえます。

特徴

  1. 耐熱性が良い。
    200℃で90%以上の強度を有す。200℃で排気ダクトに使用可能。
  2. 耐溶剤性、特に塩素系溶剤(トリクレン、ジクロロエタン)が優れている。(他社ノボラックは溶解)
  3. 耐食性においては、酸、アルカリ、酸化物等、高温域での特性が優れている。
  4. アセトン、濃塩酸の混合液沸点においても耐食性を有している。
  5. 熱交換器等の缶板ライニングが可能。また、超低温特性が優れている。
  6. 軽量(比重1.5〜1.7)であり、工事に際して重機が要らない。
  7. 有機溶剤ラインの設備では静電気防止ができるPCMフレークにより可燃物(溶剤等)の静電気吸収性に優れている。
  8. 静電防止板、電極としても使用できる。


プロドキシフレーク
性能比較

試験法

PCM-Gフレーク

(G=ガラスフレーク)

PCM-Cフレーク

(C=カーボン)

ビニルR,H系フレーク

水蒸気浸透速度

ASTM

E-96-53T

0.001PERMS

0.001PERMS

0.001PERMS

引っ張り試験

ASTM

D-638-58T

4.8kg/mm2

5.2kg/mm2

(C入 15.2)

3.0kg/mm2

曲げ試験

ASTM

D-790-49T

9.6kg/mm2

11.0kg/mm2

(C入 25.5)

7.0kg/mm2

曲げ弾性率

ASTM

D-638-58T

9.4×102g/mm2

8.5×102kg/mm2

(C入 24×102)

6.8×102kg/mm2

伸び率

ASTM

D-638-58T

1.5%

1.6%

1.5%

耐熱性

170℃

280℃

100℃

熱伝導率

2.3kcal/m.h℃

14.0kcal/m.h℃

2.3kcal/m.h℃

線膨張率

2.5×10-5

6.7×10-5

2.5×10-5

体積固有抵抗

108〜13Ω・m

2×102Ω・m

>1012Ω・m